雨宮まみさんの「いつまで独身でいるつもり?」はツッコミどころありすぎてついていけない。

f:id:Iamelly:20170115194005p:plain

 http://natalie.mu/comic/news/162319

 

 

私は「結婚」という悩みの境地に立っていない

 

雨宮さんが好きで「穴の底でお待ちしてます」を読んでじーんと来てからファンです。
雨宮まみの“穴の底でお待ちしています” 連載一覧 | ココロニプロロ|恋愛×占い

 


私の周りには30代の男性が多くて
結婚したいとか結婚がしたいけどって自虐する人もいるから漫才みたいでおもしろい。

同級生2人が結婚したり社会人になってから「結婚願望ある?」と
聞かれるけどないんですね、これが。
だからしたくてたまらないほど焦る人の気持ちがわからないことに焦りを
感じている所存です。

雨宮さんは「結婚したい…でも…」とためらっている30代女性代表として
ペンをとっている。
まあーツッコミどころがありすぎてカオスだよ。
しばらくみなさんにはサトエリ劇場をごらんください。

 

 

 

ツッコミ1:30代が人生楽しんでなきゃ20代は不安

 

なんつーか
年上として人生を楽しんでないと示しつかないって責任感ないのかな。


「結婚に焦る」とは
年上の人たちが人生をかけてつくりあげた絶望だよ。

クリスマスの時期になれば家族や恋人がいないからって
誰が一抜けするか見ていたり、

本当は一人でいたいくせに30、40代の話のネタの共通点は
会社の愚痴と結婚願望のオチに行きつくのがなんだか目に見えていて、

そんな年上を白い目で眺めている後輩たちがいる事実に早く気づいてほしい。
私は自分の人生を自虐に扱いたくはない。

 

 

 

 

ツッコミ2:「結婚したい」って焦るからあら探しされる 

 

本文にもあるんだけど、

結婚したい人は女として男としての魅力がなくなる焦りよりも
「このままでいいのか」って、人間の生き方を問われてさらに苦しむんだよね。
私の生き方は正しいよりも「人間として」見たときに正解なのかって。

 

でもさ、考えてもみなよ。
結婚がしたいのに動かないから周りに指摘されるんじゃないの?

恋愛に置き換えて同じ内容を名古屋みさとさんってブロガーが
言ってるから引用するね。

www.nagoyamisato.com

むっちゃ簡単に言うとブスが可愛い子並の幸せを享受したいっていうのは、育ちがよく進学校で一生懸命勉強して良い大学に入ってる子を見て、「私中卒だけどいい大学に入りたい!」って言ってるようなもんだと思うんです。

中卒になってしまったのはお金がなかったからとか、勉強が得意じゃなかったからとか、やりたいことがあったからとか、それは別に個人個人の問題だから誰も責めやしないけど、「いい大学に入りたい!」と言ってしまった時点で「じゃあ努力しろよ」ってなっちゃうじゃないですか。

 

名古屋さんの場合は学校ですが、これ結婚にも就職にも言える。

一度人前で「結婚がしたい」って言えば周りは自分を
「ああ結婚がしたい人なんだ」ってそりゃ扱うよ

んで、もし結婚願望がないとか婚活をしようかと迷っているのであれば
自分の心境に誤解なきよう、偽りなく言うべきであって
「結婚したい」だけで終わらせるのはナンセンスじゃないの?

 

  

 

 

ツッコミ3:30代女性の結婚は価値を崩さなきゃダメ?

 

30才過ぎた女ばかり言われてるけど男もおんなじ。

あまりに年齢が上だと介護が見えるから、ためらう。
そちらのご家族の面倒も見るにはいくらかかるのか計算しなくちゃって。

 

結婚しなければと焦るのは男性として女性として価値がなくなくなってしまうとか、
価値がなくなると思わざる得ない言葉を投げかけられるから
安売りしなくちゃダメなのって。

 

安売りなんてしたらモラハラしか寄ってこないわ。


結婚できない人を自分が救ってあげるなんてねじまがった自意識を
持っている人に拾われて人生壊されたらたまったもんじゃないよ。

結婚しない、恋人をつくらないくらいで性別としての価値なんてなくなる
なわけない。

出産でもして女性としての身体機能を使い切らないと、
生物として、人間として、女としてもう間に合わないってさ

結婚って他者から女性性、男性性があるとお墨付きをもらえたってことなの?
違うよね。


だから根本的に恐れているのは結婚ができないことじゃなくて
加齢に伴って男性性、女性性が削れていくのが怖いから。

最終兵器の「結婚」でも自分の女性性を受け止めてくれる人がいなければ本当の本当のおわりになってしまうという結婚とは別の焦りが見えて苦しい。

 


脳内がすごくカオスになりました。
私と同じように結婚願望がうすいひとは読めばなんとなく焦りが理解できると思う。

自分の幸せをぶらさず選ぶのがどれほど難しいか。

 

1つ2分で読めるおススメ記事はこちら