読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私がメディアになる

~目指せ、ブログ界のテレビ東京~

飲み会で上司が人生を語りだしたら帰ろう

正直なところ会社の飲み会に意味が見い出せません

職場の人が嫌いとかではないんだよ。上司、先輩、同僚がいると随所で帰った方が良い要因が見つかっちゃうから。

あと、飲み会の独特な雰囲気と人間模様、感情の流れが気になるところでもある。

帰りたくなる理由と共に考察しよう。

忙しい人のための結論3つ 

~帰りたくなる理由はこれだ~

1、飲み会で人生を語る人はたいてい暇人だから

2、「THE・3名様」的な深夜2時の無敵感がある

3、オチのないうだうだ感から帰るタイミングを逃す

 

理由1:飲み会で人生を語る人はたいてい暇人

忙しい人や充実している人って何かをやった報告や直近の未来の話をするイメージがある。そこで「人生」という大きすぎるテーマ、生命の意義のような話をするのはどんなテンションなんだろうか

 

生活に満足してないから否定がこなそうな「人生の話」に終着せざる得ないように見える。仕事ができない分、人生を語ることでちゃんとしている風に見られたい。仕事で成果を出したときと同じ評価を今ここでもらおうとしているのではないのだろうか。

翌朝、話の内容は忘れてるじゃん!

 

理由2:「THE・3名様」的な深夜2時の無敵感がある

実写化された漫画で知っている人も多いでしょう。

設定が深夜のファミレス。地位もお金も信頼もない3人のフリーター男子がゆるい話を繰り広げる。

matome.naver.jp

ゆるい話も込み入ったものになると「俺は何かをやるぞ、何かを」って珍名言を頻発したり。テンポが小気味良くなるとどっかの対談インタビューを受けているような気分になってくる。すごく充実した時間に思えてくるから面白い。

するとオレたちだけの世界感といきがるようになるのだ。

f:id:Iamelly:20150611160254j:plain

※画像引用はpixivから

世界初DUB漫画 [the3名様 1話VER] | 石原 まこちん / 石原 一 [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=29585891

 

これって飲み屋なら花金2次会終わっても飲み足りない終電もギリアウトで3次会に流れるように行くのと似ている。

ついて来てしまった部下はいつ飛び火するかを恐れてしまう。

そうこうすると深夜2時になると無敵な時間に突入するのだ。

上司はこのまま夜が明けなければいいと願う。部下は諦める。

 

理由3:オチのないうだうだ感から帰るタイミングを逃す

そんな飲み会を楽しいんでいる人からしたらエクスタシーなんですよ。

わかります、見てきたから。お酒も引いてきて理性が戻ってきた頃もまだ深夜3時くらいで。理性のはみ出しと正気の繰り返しで気分が良いんだよね。

こういう時に限って上司からのホントの名言、褒め言葉が飛び出したりして。翌朝もったいなかったなと思ったりする。

 

同じ褒め言葉でも

3次会じゃなくて、会社の喫煙所でふとしたときに言ってくれる方が嬉しいです。上司が去った後、見てくれていたんだ…ってじんわりきますから。

TOYOTAのCMの佐藤浩市みたいにね。

matome.naver.jp

広告を非表示にする
1つ2分で読めるおススメ記事はこちら