女子会がつまらないのは悪口のレベルが低いからだ~ビートたけし「悪口の技術」感想

言いたいことを!言ってやれ!

 

ビートたけしが2002年くらいの日本で起きた事件やイベントを斬っていきます。
ノウハウ本じゃなく「悪口さえも言えない人はパンチお見舞いするぞ」って内容。

家じゃ居場所を失い、残業があって帰れず、男は黙ってナントカを鵜呑みにしてきた。政治家は「このハゲー!」って暴言しか吐けない。


こういった人たちは言葉で牽制し、センスのいい返しを知りません。
自分の意思関係なく状況のすべてを飲み込んできた。

これ以上、言われっぱなしでいいんですか??
負けないために自分の悪魔性を出していきましょう。



女子会は話の論点がズレて戻らない「旅行先でシャンパンで乾杯旅行先でシャンパンで乾杯」のフリー写真素材を拡大

私が嫌なのは女子会の「論点ズレ」です。
これって、メンバーが何を手土産にしているか・求めているものがわからないから起きるんじゃないか?

例えばA子は仕事の愚痴、B子はのろけ話
、C子は子育て、D子は夢について話そうとしてても、突然思いつめたようにA子が「上司がうるさくて~異動したい~」って愚痴を切り出すとメンバーはフォローするために色々言い合うじゃん?

でも、A子がこの会に何を求めているかがよくわからない。

人数が増えると愚痴るのを躊躇しているのかな。
それともただ吐き出したいんだろうか。

と、色々想像はするけど実は他人の時間を使って振り回すことを楽しんでいる魂胆を感じたとき、非常に愕然としました。

 

 

話したいのに順番が来ないな?「徳利(とっくり)と升徳利(とっくり)と升」のフリー写真素材を拡大

独壇場になるとB子も話したいけどタイミングがつかめないってあるよね。

いくら古くからの友達とはいえ属性がとっちらかっている人が集まる飲み会で、まともに自分の話ができて他者の話が聞けるとでも思ってるんだろうか。
あまりに独壇場だからB子たちが頭グラグラしている。

 

じゃあ、なんで休みに集まるか。
鮮度命の
ネタを話したいよりも「仲間と声を発したい」に近いんだよ。
私は「共鳴」が目的だと悟ったから1対1で会う飲み会を楽しんでます。

 

大人数の飲み会も同じで一人当たり近況報告できる時間が短い分、普段からネタを話してて、エピソードトークが上手な人が場を牛耳りやすい。
この「普段から」が大事で、飲み会は普段の話の続きを聞くためにあるようなもんだよ。 

 

 

「夜の繁華街の看板夜の繁華街の看板」のフリー写真素材を拡大

そもそも悪口は高度な雑談

「悪口」って言葉が悪いのかもしれないな。
一口に悪口ったって、いろいろあるよ、笑える悪口、最後っ屁みたいな悪口、世の中を動かす悪口。

おいらも長いこと悪口言ってきたけど、なかなかどうして奥が深いんだ
~略~
結局、漫才もバカ話なんだけど意外に知性のやりあいみたいなところがあるんじゃないか。



不思議じゃないですか?
悪口、陰口、侮辱、批判、差別、偏見って並列にされているのって。

本来は被りつつも別々な意味。


言葉の使い方も発信側の社会的立場、どこをけなしてしまうか、死に追い詰めるほどか、嫌な思い出か、個人ではどうにもできない文化や歴史が関わるのか、本人が目の前にいるかによってどこに分布されるか違うはずです。

 

そして、ビートたけしが言うように悪口にも微妙なニュアンスの違いがあって、女子会や女性が多い部署で出てくる悪口は「ダダ漏れ系」です。
女性同士の会話は結論不明・不満が多いって聞くけど半分正解・半分不正解。


いつまでも話し手は「こんな風にフォローされたい」って言葉を聞き手が言うまで垂れ流し続けるんですよ。

 

 

悪口言えない社会は苦しい。おもしろく、スパッと切り上げる

だからこそ「どう言うか」と「切り上げるスピードの速さ」が大事。
また、マイルールとして容姿・人種差別・間接的な個人攻撃はしないと決めています。

 
著者の教養ある軽快な悪口は体の芯からスッと毒が抜けていく感覚がありますよ。
文がもたつかず早く次を読みたくなる。

かたくなに悪口を言わない人種はつまんない。
毒の吐き出しや物の言い回し方を学ぶ機会を捨ててるようなもんですから。

己に悪魔性などないと言い切れるのか?

 

ビートたけしによる悪口5ヶ条

一筋縄ではいかない相手に何か申しておきたいときに使ってください。
各章のはじめに載っています。

 

1、悪口はできるだけ細かく具体的に。主観もいっぱい混ぜて
2、世間的にきちんとしていなければならない人にこそ、悪口は効く
3、偉い人には上品な悪口を。「裸の王様」のように、おだてて落とす
4、ストレートな相手にはストレートな悪口を。ひねりまわしても、わかってもらえない
5、金持ち相手には貧乏自慢を。経験がないことが一番応える

体型に自信がなくても全身写真は撮る!体型のせいで思い出を犠牲にするな!

f:id:Iamelly:20170705222028p:plain
 

 

集中的にやれば2kgくらいすぐ増えるゾ

 

デブ活中のサトエリです。2か月たちました。
42kg→44kg


「デブ活って何」って聞かれるんですが
「健康的に太ること」です。

けして脂肪を蓄えた巨漢じゃない。
調子に乗ってギトギトの回鍋肉をすすめてくる人に喝を入れたい・・・


万年やせが悔しくて体質改善に挑んでます。
ちなみに前回思い切ってこんな記事を書きました。

 

iamelly.hatenablog.com

 

SNSにデブ活の近況をこまめに書いたら結構な反響をいただきました。
どっかのイベントに行ったときも「デブ活どうですか?」と聞かれるまでに。

 

 

体型に自信がないからって今日の思い出を犠牲にするな

さて、本題。
体型にコンプレックスがあるとどうしても写真を躊躇しちゃいませんか?


でも、体型が変わる前に思い出として撮っておくのは大事。
なんでかって今日の思い出さえも犠牲にするのってもったいないからね。

後半には体型が外からどう見られているかわかる方法4つも書いておきました。

 

 

だから集合写真は「前列」と決めた

 ほら、見てくださいよ。
今年の2月までリクルートの講座に通ったときの写真を。

 

ほらっ

画像に含まれている可能性があるもの:17人、、スマイル、立ってる(複数の人)、靴、室内

 

 どんどん投げてやんよ!

画像に含まれている可能性があるもの:12人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内

 

 

 

 

ほら・・・!!

画像に含まれている可能性があるもの:13人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内

 

 

 

ほら・・・!!!

画像に含まれている可能性があるもの:15人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内

 

 

見よ!!!!
この図々しく前列に並ぶ私を・・・!!

しかもほぼ毎回ゲストのとなりだから。
読んでる人もさすがに顔覚えたよね???


せっかく写真を撮るんだから良い思い出を持って帰りたいじゃないですか。


メンバーは「いつもポジション取るあの子なんなの」って態度を一つとってなかったからいいんですよーーーーだ。

 

 

 
自分が外からどう見られてるか意識する方法4つ

体型で悩む方には私のポテンシャルを見習ってもらい(笑)

やせてる人、体型にコンプレックスがある人には、
思い出を犠牲にして欲しくないのでやってきたものをお伝えします。

 

 

1、鏡より写真の自分を記憶に残そう

私は学生時代、どこにいても鏡ばかり見ていたんです。

友達や先輩に「何回目?」と言われたり、
時には鏡を取り上げられたこともあったくらい。

今より容姿に自信がなかったし、鏡と写真で顔が全然違うのが気持ち悪かった。


でも、アルバムを見直すと他人が映っている写真ばかりあったんです。
イベントの風景やゲストが話してる写真がいっぱい。


自分のアルバムなのに私の写真が少ないなんて・・・ってショックのなんの。
あのとき何をしていたか、どんな表情で過ごしていたかを残しておきたかったんです。

 

  

 

2、トイレの鏡はキレイに映るから信用しない

特にトイレの鏡って肌がキレイに映りませんか?
おしゃれな空間と良い具合にかかる間接照明が肌をよく見せてくれるんですよね。

それなのに街中でふとショーウインドウに入った自分の顔は
「肌荒れてるなー」って幻滅しちゃう。

細かいコンプレックスなんてできてしまったからしょうがないです。
現実見てげんなりするくらいなら食事の改善したりプロにメイクを教わって頑張りましょう。

しばらくしたらトイレで見たあの顔よりイイ感じに仕上がってるかもよ。

 

 

 

3、写真もなるべく加工しない

わたしはsnowで撮ったこともないし加工してSNSにあげたこともありません。
(だからアップすぎる写真はあげない)

 

これもトイレの鏡を信じない理論でただただ幻滅するからです。
たしかにsnowで撮ると「わあ!♡」ってなるそうですが、

snowで撮った顔が私の顔なんて言ってたらいっこうに自己肯定感って上がらないからね?

 

 

4、自分との相性を良くしよう(一番大事)

 

「他人の目なんか気にするな。やりたいことやれ!」
って言うじゃん。

 

それは他者の目が気になるんじゃなくて、
自分との相性が悪いから理想の姿になるために必死で気にするんです。

 

そこに本当は他者の視線なんて入ってないんですよ。
気にする場面と気にしない場面がある。

 

人目を気にするのは、他人のある部分と比較した自分との戦いである以上、根本的に「他者に関心がそれほどない」はずですから。

「容姿は気にするけど年収は気にならない」人もいるのに、
他者からは全部を気にしているように見えてしまい結局損します。

一周回って自分のある部分(コンプレックス)しか目に入らないのですよ。

 

 

最後に、生きてた証が残せるよろこびを味わおう

イラストでも写真でも自分の姿がわかるものをたくさん残してください。
体型に好き嫌いがあっても「自分の写真が撮れる」時点で勝ちなのだから。


それでは。

 

 

28才。アラサー感がない。自分は自分なのは20代までなのか?酒井順子と東村アキコにのせて

「酒井順子」の画像検索結果

酒井順子さん 子どもを持たない人生という選択:日経ウーマンオンライン【この人に聞きたい!】

 

酒井順子が27才で残した著書を読み「もう足元にも及ばない」

5/19で28才になった心境を書いていく。

「負け犬の遠吠え」で論争まで発展した酒井順子の代表作。

 
著者に出会ったのは誕生日が来る前にたまたま「トイレは小説より奇なり」を読んでからだった。
これを読んでいる私は27才。


しかし、著者はこれを”書き上げたのが”27才とあって打ち抜かれた。

 

 

その寸前、

 

ダメよ!

弾はすぐそこよ! と聞こえ

 

奴は心臓を真っ先に直撃した。

おちおち本を読んでいる場合じゃない。

もう全身大爆発。誤爆だと信じたいくらいだ。

 

 

気を取り直して、今の気持ちを書かなきゃ。

電車内でスマホのメモ帳を引っぱり出して書き留めた。

 

 

酒井順子さんとは何者か

 作家デビューは高校在学中。
マガジンハウス「オリーブ」で連載デビュー以降、文字が載るよろこびを感じて書き続けて現在50才。

活動歴が長いので作品もたーくさん。

書籍担当者とたまたま同い年であることから意気投合して、負け感を抱き続けた人生をどうかわかってほしくて書いたとおっしゃっていた。

www.webdoku.jp

 

  

自分は自分が通じるのは今だけなのか?って疑問

 「負け犬の遠吠え」は2004年発売だから10年以上経っている。

 

これほどたった今は30才過ぎて未婚、子なしはふつうだし、むしろ30才前後での出産はもったいないとさえ感じる。

 

一旦「負け犬・勝ち犬」論争は終焉を迎えたものの、20??年、東村アキコが「東京タラレバ娘」を引っさげ、ぶっこんできた。

 

何をしてくれてるんだ。

1巻読んだけど共感できないじゃないか。

 

 28才は世の中的に言うと「アラサー」らしい。
でも、その年齢になるまでずっと私は私だったのだ。 

 

タラレバ娘も負け犬の遠吠えもしっかり理解できなかった。
私の人生経験では理解できるレベルに達していない。

 

 タラレバの主人公にもアラサーになって焦る気持ちもわからないんだ。

 

27年間ずっとサトエリだったのが28才になったとき、5年10年スパンで切っても激動の人生だったが、仕事で実績として言える自負できるほどの手応えも感じていない。

 

唯一自信があるのは私にしかわからない変化を楽しみながら生きていること。
弱みをさらせること。

 

 

仕事で成果を出していないから疎外感がある
 

んじゃ、具体的に共感できない理由はタラレバ世代の対象ってそれなりに仕事ができて何かしら成果を出している人。

 

また、女性の活用で動いている政府や会社も対象にしているのは同じ。
そこに私はいない。疎外感があるのだ。

  

それなのに20代後半だからって意味で人生に迷え、老いを怖がられと思わなくてはいけないと色んな媒体が言っているもんだから、どれ見てみようかと理解しようとしてもムリだった。

 

どの世代と話しても嚙み合わず、ずっと私はお子さまって気がする。

 

人生のスタートが遅すぎて「タラレバ」や「アラサーあるある」についていけない。
周りの20代と話しても時差が7~8年感じる。


生き急ぎならぬ「生き遅れ」

同世代の女性はホント大人だなぁ。

 

 

やりたいことがあるなら物欲でモタつくな

 

 

 

 誕生日きてから20代やりたいことがリストを書いている。
ほとんどが物欲で、家にいる時間を大事にしたいから着心地のいいパジャマが欲しいとかばっかり。

 

物欲ばかりで肝心のどんな風に仕事を作りたいかあまりない。
むしろ生きてるんだったら何をつくるかの方が大事だったりする。

 

物欲って食欲みたいなもので買えば満たされて他の作業ができるわけで。
すぐ終わるものでいつまでも悩んで足かせになるのはもったいないのだ。

 

これからやりたいことをやろうとしてる人は、何年も前から欲しかったものを買ってあげることをおすすめしたい。

物欲満たして仕事をがんばります。

 

おしまい。

1つ2分で読めるおススメ記事はこちら