読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私がメディアになる

~目指せ、ブログ界のテレビ東京~

この人と話すと疲れるのはあなたがHSP(感覚が敏感すぎる人)だから

 

 

記事を読む人へ

昨日はNHKスペシャル発達障害の特集がありました。


これからオンデマンドから見ますが、どうやらコミュニケーションからではなく
”感覚の違い”から理解を深める構成になっているんですってね。

見た方は感覚の違いの理解を深めたい人もいると思います。

 

その手助けとなる本とは「HSP」という敏感すぎる人について。


次の項目に2つ以上当てはまったらもしかしたら「敏感すぎる人」かもしれません。

 

 

 

原因不明の体調不良は「敏感すぎる体質」だから

 

生まれつき敏感な体質がストレスを抱えると、体調を壊しやすくなり
変性意識を体験しやすくなるらしい。


この敏感とは具体的に

・他人が隠している気持ちをテレパシーのように感じ取れる
・家電クラッシャー
・おばさんと話すと体力を吸い取られる気がして疲れる
・光や大きな音に弱い
・ドラマの殺人事件は避けている
・ひとりの時間が好きで物を深く考えるのが好き


など本文にある23項目のうち12項目当てはまればHSPの傾向が高いと考えられます。

特に家電クラッシャーなんて言い方はツボですが、私はありとあらゆる家電を人差し指一本で壊してきたベテランなんだよな?

褒められたもんじゃないけどスマホもパソコンも仕事道具も自宅にある家電も、
しばらくすると調子悪くなる・・・

体より家電の方が壊れるの早いんじゃないかって。


この本と出会って今まで不思議だった現象がわかってスッキリしました。

 

血を吸わずにエネルギーを奪う現代のヴァンパイア

敏感すぎる人は「他人のコンディションに影響される人」です。

もともとその性質で生まれた子どもが虐待や過保護、過干渉なもとで育つなど、
安全・安心でない環境で育てられた場合、


生き抜くために周囲の情報に敏感になってその感性に磨きをかけるらしい。

関係性によって距離感をつかむのが苦手なの人は小さい頃に一番身近な人間と
かなりの至近距離でしか接する機会がなく、

他人からも近い距離で話されるのが当たり前と感じている状態。

ただ、エネルギーを吸う側はごく普通の人間!

日ごろのストレスから解放されたくて不健全な方向に受け止めてくれる人を探しているんですって。

不遇、トラウマ経験があると、エネルギーが乱れて自力での回復が難しくなってしまい、極端なエネルギー不足になりがちです。


では、具体的にどんな人間がどのようにエネルギーを吸い取るのか?


友達が依存してきて生活が狂いそうになった話をします。

 

 

 

f:id:Iamelly:20170522205933p:plain

 

 

 

 

相談を聞かないと鬼電する友達

ずいぶん前ですが、数年にわたって同じ友達からよく重い相談をされていました。

 

生態はこの本にあるヴァンパイアと近いです。


電話に出ないと不在着信がズラッと5件あったり、
1回電話に出たらもう最後で3時間は話していました。

また、出ないと自宅にまでかけてきてげんなりしました。

私は電話が苦手なのでメールにしたら嫌だと言われ、

やらなきゃいけないものがあるからとやんわり断ると「そんなの別にいいじゃん」と返される。

 

 

 


ハッキリ言って話はどこまでが本当か嘘かわかりませんでした。

判断はつくもののドラマ仕立てで確信がつかめない。

後々、この本を読んであのとき友達は「こいつのエネルギーは吸い取れる。しめた!」って無意識レベルで考えていたのでしょう。


当時の私も「私になら強く接したり、良いように使われているんだな」となんとなくわかっていました。

 

 

 

f:id:Iamelly:20170522210450p:plain

 

 


私は友達は命よりも大事だったのです。

当時は嫌なものを嫌と言えない、友達の機嫌がとれるな犠牲になっても構わないとダメな方向で腹をくくっていました。

 

もはや友達想いでもなんでもない。


自尊心のなさから犠牲になった自分に酔っていたんだと思っています。

でも、その子は他にも同じ相談をしまわっているかもしれない。

 

どこか私にしか話していない雰囲気を醸し出してはかわいそうな自分をわかってもらおうとしていた。

なぜなら、話は聞かなくてはいけないドキュメンタリーだと強く感じていたから。

 

  

 

 

  

じわじわと生活が狂いはじめる 

 

そして、どんどん時間が経つにつれて話の重さは生活に影響を与えるようになりました。

電話が終わると友達がされた行為がまるで私が遭ったように感じてふと泣いてしまったり、夢に出るようになったのです。

自転車に乗っているときも情景が鮮明に浮かんでぶつかりそうになることも。

また、電話をするうちに思い出してわんわん泣いて話せなくなる。


さらに勉強中に死にたい、死にたいって思うようになると

ああああああああ!!!!
って叫びながら
机や壁にハサミをガリガリしながら発狂するようになりました。

 

 

 「ウラジオストクの黄金橋ウラジオストクの黄金橋」のフリー写真素材を拡大

 

 

 

 

自分を守れ。良い相談と悪い相談を聞き分けろ

 

人はなぜ相談をするのでしょうか?


それは
「自分にない価値観を持つ人に客観的な意見を聞くため」です。

 

【良い相談とは?】

・する側が前向きに解決策を求めている
・何をしてほしいかはっきりしている
・される側の生活を気遣いながら返信もダラダラ書かない
・ある程度、役立ちそうな話が聞けたらおしまい
・あとはひとりで解決できるようにアクションを起こす

 

 

な、はずですが…

 

 

【悪い相談とは?】

・する側がうっすら持っている答えを「そのまま」返してくれないと出るまで延々と聞いてくる
・解決してもお礼を言わない
・愚痴なのか解決したいのかわからない
・他の人にも話しているような内容
・する側が経験もないのにやたら教えようと先生ぶる
・する側これ言っても大丈夫かなと余分なひとり言をいう

 

 

私は悪い方だったので猛省しています。

やさしいから人に相談されるわけではなく支配しやすいからなんです。


居場所がなかった私にとって唯一の承認欲求の供給源は「ともだち」だけ。



他者から求められたいあまりに卑下するのに抵抗がない。

 

支配を許可する受け皿を持たなくてもいいのに持ってしまったわけです。

 

このような出来事があってから安易に人助けしたいなんて言わなくなりました。
人のために仕事をやりたいとも思いません。

 

そして目的のわからない相談もしないように努めています。

 

わたしは人生を通じて自分が楽しいかどうかに無頓着でした。

 

誰かといると楽しいっぽい気持ちにはなるけど人生トータルで見ると
楽しかったと胸張って言える思い出が少なかった。


不幸に慣れた人間は自分の命を守るプライドさえなくなってしまう。

 

知らず知らずのうちに飲み込まれて、本当に死んでもいいんですか? 

 

 

 「橋に取り付けられた南京錠橋に取り付けられた南京錠」のフリー写真素材を拡大

 

 

 

 

 

支配者以外のヴァンパイアの見分け方

・会っている最中に眠気を感じたり頭痛が始まったりする人
・会った後で疲れてしまう人
・なんとなく会いたくないが、断ることに罪悪感を抱いて断れない相手
・参加するとぐったりしてしまうグループ
・誘いを断れない相手
・依存心が強くなった人
・酒やたばこの量が多い人

たとえ立派な肩書でも人柄がよくても、それは全くあてにならない。

-p167,170

 

 

どうか敏感すぎる人に知ってほしい。

 


付き合いたての恋人、仲良くなったばかりの知り合い、ただの会社の人だから
支配なんてされないと考えるのは間違いです。


何から何まで、時間を割いて、命を削って向き合ってくれると
無意識に思い込んでいる人は意外とたくさんいるんだ。

俗にクレクレちゃんとも言いますが、そんなかわいいもんでは済まない。

 

 

 


あなたの命がかかっているんです。

 

「あの人と話すと疲れる」と感じたらこの本を思い出してください。


一緒にいる人に人生を足元から崩されないように。

 

 

 

体重42kg!太らなくて困る!「やせてる人にしか見えない世界」を知ってほしい

 

 

太らなくて困る人の声を広めたい

 

やせ代表・デブ活チャレンジャーのサトエリです。

明日で28才になるので27才の集大成として書き留めておきたい。
身長158㎝、体重42キロ。

夏でも腕が見せられなくてジャケットが欠かせない。
あとO脚直して長くなりたいです。


※写真の左側(青い服の方)は気にしないでください。私はピンクの服を着てます)
 

f:id:Iamelly:20170518215843p:plain

 


現在、夏に水着で海に行きたくて「デブ活」をしています。
めざせ+3キロ!


GW前にマンツーマンのコンサルティングができるジムと契約して、
ついに美しい筋肉を手に入れるまでのカウントダウンがはじまりました。



「デブ活」ってのは健康的に太ること。
こう言うと同性から総ツッコミされるのが辛かったです。

 

 

 

人生の半分はやせていていることがとりえだった

 

私はダイエットしたい人はやせている人がうらましいと思う人がたくさんいるのを身をもって感じてきました。


物心ついたときから今日まで「細いね」を何度も言われてきたし、服もだいたい着れる。どうしたらそうなるのかもしつこく聞かれた。

 


だけど、本当はうらやましいとも何とも思われてなくて、
自分では体型を気にしているから細い人を見ると反射的に言いたくなるんですね。


他にも体型でいじられるのも多かったから人間関係はいい思い出が少ない。

私は集団で個性がうすいと感じてていたからこそ、細いと言われるのは優位に立てるものでした。
とりえがそれしかなかったのだ。
もう、私の自意識過剰さと他人のデリカシーのなさでひっちゃかめっちゃか。

 


だから今まで劣等感と自意識が大きくなってしまって体型を変えようとしても

 


「そのままが好きって言ってくれたし、もういっか」

とか

「唯一、他者より優位に立てる個性がなくなってしまう」

ってうっすら感じて逃げる逃げる。


でも、迷いながら体質改善しても意味がない。
やせを通り越した不健康なので自分が元気で幸せになるためにも「デブ活」をしようと決めたわけです。

 

体型が変わる途中にいるので書き留めておきます。

 

 

 

 

やせている人にしか見えない世界がある

 

 

デブは食べたいから食べる。やせは生死がかかってるから食べる

 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内


本場のイタリアンなサラミを食べてます。
おいしかったな~

じゃなくて。


私は「そんなに細くてちゃんと食べてる?」って聞かれます。
聞かれたって人多いんじゃないでしょうか?

食べてるって答えてるのに「絶対食べてないからこれあげる」ってお菓子もらったことがあります。
お菓子を食べろ、ぶくぶく太れとも返されると何も言えません。



食事があまり楽しくなくて咀嚼が疲れるんですが、
「食べなきゃ死んじゃう!!」って焦りながら食べるのもしばしば。


 

 

やせるための情報は多いが太りたいための情報は少ない

 

両方の心理状態は真逆ですが体の鍛え方は根本的には同じです。


ただ、その情報の主語が「やせたい人」じゃなくて「太りたい人」に変わるだけで私はとても安心するんですよ。

自律神経失調症になってから体質改善をしたくて探しに探したこのサイト。

www.futoritai.com

 

見やすいし詳しいんです。


同じやせでも摂取カロリーなども違うけど、やせている人全般に言える内容なので、
これからデブ活を頑張りたい人はここを読んで実践するのもおすすめ。

 
情報はあるにはあるんだけど、ダイエットの勢力に完全に負けてるので、私もやせ代表として情報発信していきます。

デブ活で体型が変わってもやせている人の気持ちは忘れません。

 

 

 

デブは結構元気。やせはいつも疲れてる

画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、室内

 


もう、大きなデメリットはなんといっても疲れやすい!


行事の翌日は必ず休むし~1年に1回はウイルス性胃腸炎にかかって~
最後に1日中元気だった日が思い出せないくらい丈夫ではないのです~~~

あと小さいときに百日咳にもかかったらしい。

あらゆる病気にかかっても「若さ」が助けてくれたと感謝してるんですよね。


でも、同じ若さを活かすなら病気を治す力よりも仕事で成果を出せる体力に活かしたい。

自律神経失調症は20才の時になりました。
一回なると完治するのに何年もかかると言われてます。


しかも元気になっても季節によって変調したりストレスも加わるとひどくなりやすい。

疲れやすい人はいつまでも本調子にならないことがネックですが、
もしかしたら体内に健康的な自分が埋もれているかもしれません。

 

 

 

社会は極端なデブと細い人に厳しい

 画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、靴、室内

 

あえて言うけどダイエットしているデブには厳しくて、なんで太らなくて困ってる人にはデリカシーのない発言をするんですかね?


やせてたら何を言ってもいいと思ってるんでしょうか。


女性の友達何人かで集まると話のネタは「やせた~~い」からの体重披露大会になるのいい加減つまんないって思わないんですかね。

 


みんなが体重を言い合って

「んで、サトエリは?」って一番最後に聞かれて正直に答えると、


大阪のチンドン屋みたいにドンガラガッシャーンピーヒョロヒョロ~~って
騒いで私をサンドバッグに言いたい放題すんのやめてくる?


 

 

スタイルがいいと細いは全くの別物

f:id:Iamelly:20170518220128p:plain


上に続くんだけど

別の友達とも体型の話になって真顔で「細い人ってどう思うの?不健康そう?」って聞いた。
そしたら真顔でこくんとうなづかれました。

気にしてるとはいえ褒められると勇気づけられるから結構ショックなわけですよ。
やっぱりひそかに期待していたんです。

私は心の底からうらやむ顔が見たかった。
(この期に及んでまだ優位に立ちたいのか)


そこで「この自意識はまずい。スタイルが良いと細いは全くの別物」って格言を得ました。

 

 

 

渡辺直美さんは堂々としている、すごい

太っていても健康を気にせず、私は私と胸を張って言えるのがうらやましかったんです。
ヒール履いて、ビヨンセ踊って、プニュスってブランドまで作って素晴らしい。

 

正直悔しいんですよ。

 

ダイエットしたい人は多いし、人に探りを入れるとどっちかって言うと太ってる人は遠慮したいのに、
あまりにやせていると社会に居場所がない気がして悔しかったんです。

 

着たいけど自分は手首が細くて気持ち悪いな〜
どうしたら細くても着こなせる服を探しても、試着室の鏡で
「これじゃ、貧相だなぁ」ってなってしまう。

 

服が似合う=服を着れている自分の体型が好きってことだから、私も満足できる体型にしたい。

 

 

 

やせとデブが共同体を組めば体型問題は平和になる

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、座ってる(複数の人)、靴、室内

 

  

ここまで書いてると自分の体型が愛おしくなってくるもんですねぇ。
大きくするのが名残惜しい(笑)

 

やせはデブにはなりたくない。デブはやせになりたいしなりたくないかもしれない。
そう、考えていることは同じ。
今回はここだけ覚えておきましょう。

嫌がらずにお互い耳を傾けてみよ?ね?

 

しかし、悪いデブは結果を出してブログで倒す。
ペンは強し。

私は細くて困ってる人の力になりたい。
これから夏まで発信していきます。

坂上忍「スジ論」感想。正論好きは教科書的でつまらない

 

正論とは良識と経験からきたマイルール

 

GWも終わりましたが新卒で入社した方は初めての長期休みでしたね。

4月から1か月、研修中に理不尽な発言をされたり、
偉いように見える先輩が実はそうでもなかった経験もしたことでしょう。
 

新卒の皆さんは坂上忍さんてご存知?
テレビで見ると性格がきつくて、そばにいると嫌な予感しかしない印象ありません?

でも週刊新潮のコラム「スジ論」を読んでそのイメージは変わっちゃいました。

続きを読む

【イベントレポート】発達障害はN-woker向き。誰よりも苦手分野がハッキリしてるから。

 画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル

 

 

「ネットで稼ぐ」「フリーランスになる」にビビットくる人も増えてきましたね。

今回は会計ソフトで有名なfreeeでこちらのイベントに遊びに行きました~

人生100年時代を生き抜くための N-Worker イベントVol.3

 

 

続きを読む

【インタビュー】発達障害で家事ができない人は居宅介護を使おう

f:id:Iamelly:20170430165011p:plain

 

 

ブロガーのサトエリです。

 

「人から聞いて初めて知った発達障害の人が使える福祉サービス」をテーマにアスペルガーの交流会を通じて「居宅介護」を知りました。

 

これは身体・知的障害者や難病患者、精神障害の人がヘルパーさんに家事代行を頼めるものです。

 

続きを読む

「君の名は」を見て泣く人と私の間には高い壁がある

 

f:id:Iamelly:20170418222854p:plain

映画『君の名は。』公式サイト

 

 

アニメはあまり見ないから「君の名は」の印象は「また深夜アニメが映画館という大きな画面で上映されるんだ」くらいにしか思わなかった。

見終わると色と音が美しくて素直に楽しかった。

メジャーな映画には興味の薄い私が数年ぶりに流行と触れ合って、
人と遅れていた時差を少しずつ取り戻し、体が軽くなった。


また、売れているものがなぜ売れているのか考えるきっかけにもなった。



でも、その映画は泣けるとも言われてはいたけど私は少し違うと思っている。

涙と言えば、ここ3か月ほど映画でも本でも日常で泣いていない。
苦しい場面には直面したけど泣いてはいなかった。
むしろ悲哀に満ちているときには涙どころか目が乾いているものである。


図書館でたまたま見つけた「涙の理由」は茂木健一郎さんと作家の重松清さん。

この本の大きなテーマは「人はなぜ涙を流すのか」はとてもタイムリーだった。


2009年出版なのに表紙の対談風景が2017年の今話しても何も違和感がないのと、対談が続いていそうな趣きを感じたので思わずジャケ借り。

 

 

 

みんなに読まれるだけの文章を書くのはおもしろくない

茂木:現代社会は、ナンバーワンやツーばかりに目が行く。
実はさまざまな理由に感動して泣いている人が世の中にはいるけれど、
メディアは、最大公約数に焦点が合っている。

いわゆる「泣ける」小説だって、「あんなもの」と思っている人は
僕の周りでは多数派ですが、世間的には少数派で…。

 

 

私はブロガーだからキャラをどう切り取って何を発言しようか考えている。

ただ、世代ごとにある経験と悩みは似てくるし、やっぱり検索で読んでもらうには


「私は陶器が好きで新品のトイレや洗面所を眺めると落ち着くんですよぉ。
TOTOのカタログも持ってるんですぅ」

 


と書くよりは

 


今風に「会社員が合わないならさっさとやめて、仕事をつくるかリモートワークをしよう」の方が読まれるわけ。

日々、ジレンマがあるけど、さっさと仕事をつくろうって記事は書きたくない。
と、迷っている人は多いんじゃないんだろうか?

つーか、もう色んな人が書いてる。

おなかいっぱいだ。
誰かがすでに書いてくれてるんだから私は違うのかく。

 

 

ネットでキャラを立たせようとすると周りと似てくる?

書くからにはPVと見せ方が大事。
この2つを踏まえて自分のキャラをどう切り取って記事に起こすかが必要だ。

ネットの長所は他人は共感しないけど自分はすごく楽しい「個人的なツボ」を放出していい場所でもある。

そもそも、涙や笑いは共感を生まなくてもいいし、
「ここで泣くの?」って個人のツボであった方がおもしろい。

私は泣ける小説や映画で泣いた記憶が少ないし、むしろ個人的なツボに反応して隣の人が泣かないシーンでポロッと流してしまう。

 

 

 

書き手の役割は個人的な喜怒哀楽のツボを出すこと

 

ノウハウ記事のような役立つ文章や、個人のサガが出ていない文章ってもういらないんじゃないか。


ムリに変人になれとかスケベになれって意味じゃなくて

みなさんにも
「なんかしんないけどここで笑っちゃうんだよね」って笑いのツボや、
「理由はないけどこれ癖になるんだよね」ってあるでしょ?


私はあなたが感じた言いようもない感覚を言葉にしてほしい。
もっと個人のサガをほじくりだすようなどうしようもない文章が読みたいんだ。


オリジナリティって当たり前だけど「自分の感情を通した笑いや涙を言葉にしたもの」

 

だから当たり障りのない文に出くわすと、


おうおう、あんたの文、キレイすぎじゃないのか?

どうしようもない部分はどこで発散してるんだ?
それじゃ当たり前ポエムと同じだぞ?と突っ込みたくなる。

 

せっかくネットがあるんだから個人的なツボの描写を言葉にできるようにすると、
人間臭いユーモアあふれる表現になるでしょう。


例えば私は戦場のピアニストで主人公が誰もいない部屋でグランドピアノを狂うように弾いていたシーンで何度か泣いている。
悲哀なツボを刺激するのだ。

ネットで個人的なツボを書く場合、
多くの人が共感する文章を書けるスキルも必要だけど

「他者が理解と共感ができないかもしれないささいな記憶」をどうやって文字に起こすか書くかが肝だ。


みなさんどうだろう、私の考えは。 

 

  

 

この涙は自分だけの涙か?と問いかける


少し長いけど本文中でとくに共感した文を引用しよう。

茂木:涙を自分のものにすることは、なかなか難しい。
映画を見て流す涙は、はたして自分の涙になっているのかどうか。

重松:いま僕も同じことを言おうと思っていた。
いわゆる百万人が涙した「小説や映画で流れる涙」と、
もっと個性的な「体験や個人の歴史から流れる涙」が、
同じなのかということ、やはり違う気がする。

 

茂木:ということは、昨年流行りの「百万人が流す」涙は、自分の
ものになっていない涙なんだね。他人の涙。借り物の涙というか。

重松:もらい泣きは、自分の所有物でない涙の典型のような
気がするのね。たとえば、百万人が涙した話、恋人が癌で
死んじゃう話とか、白血病で死んじゃうときの涙は、感動じゃなくて
道場なのかもしれない。「かわいそう」という。

茂木:僕は、自分が所有できる涙を生涯に何度流せるのだろうか。
重松さんは、本当に自分のものになっている涙を流したことはありますか? 

 ※昨年流行りの例はセカチューを出しています。

 

 

私はこの文から個人が鑑賞のプロであるべきだと痛感した。

鑑賞のプロは評論家だけじゃなくて私たちが個別の体験を増やすためにも
豊かな審美眼を手に入れるべき。

 

感情ってもっと個別だからこそ、借り物の言葉で泣くと涙を鍛えるネタはどんどん減って、個人の笑いと涙のツボが消えてしまう。

大学生の知り合いの話を聞いても授業そっちのけでサークル、バイトだし、

新社会人の様子を見ても歓迎会、研修、社会ってこんなに厳しいって話になるし。

20代後半だって結婚とか出世とか。

 

もう出てくる話は全部一緒。
私はこの現象を「共通認識多すぎるぞ問題」と呼んでいる。

よく日本の教育問題を語るときに「自分で考えて決める子を育てる」っていうけど、

私たち大人も節目節目で似たような経験をしている人が多いから、
どんなに感情教育しても個別の体験を大事にするマインドがなければ意味ないのよ。



 

 

最後に

私が喜怒哀楽を表現する時間が格段に短くなったと思ったので書いた。

ツイッターに流れるGIFを見たり今だけなら意味の分かる画像を
小刻みにたくさん見ていると、感情を出し切れないで喉元で詰まっていく。

腕から塩を振るシュールな画像で笑った後に、紛争で血だらけの少女の画像が
出てきたりとSNSは陰と陽のコントラストが非常に激しい。

だから感情を全力で出し切らないまま憤りを感じていた。

映画を例に出して書いたけど、それなりに時間のかかる趣味やコンテンツは
喜怒哀楽までの沸点がゆるやかに上がっていって心地がいい。

 

 

★プロフィールはこちら

 

iamelly.hatenablog.com

iamelly.hatenablog.com

 

 

結婚式の二次会のビンゴがつまんないからもう行かない

 

f:id:Iamelly:20170320202018p:plain

 

 

いい年こいて、ビンゴか… 

 

みなさんは結婚式の二次会って参加したことありますか?
わたしは2回参加しました。
結婚式の二次会がつまんないなんて言うと「ひとでなし!」とか「他人の幸せを祝え!」って声が聞こえそうですが、違います。


私は友達や周りの人の挙式と披露宴に行くのが好きなんだ、誤解するな?
すでに近々参加するから楽しみで仕方がない。


しかし、過去に参加した2次会はなぜこれをあなたたちがやるのか?
と疑問が浮かばざる得ないものだったのだ。

続きを読む
1つ2分で読めるおススメ記事はこちら